Ubuntu 10.04 on VirtualBoxをバックグラウンドで動かしSSH接続する

2013/01/04追記
Vagrantを使ったほうが良い

忘れそうなので、メモ。

仮想ハードディスクの入手

インストールを自分でやるのは面倒なので、仮想ハードディスクイメージのダウンロード | Ubuntu Japanese TeamからUbuntu 10.04 LTSをダウンロード。

GUIを使わない

GUIは不要なので、起動時にCUIを使うようにします。

/etc/default/grubを開いて、

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFALUT="quiet splash"

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFALUT="quiet splash text"

に変更。

再起動をするとCUIになっているかと思います。
(ただ、日本語が文字化けしてしまいます。SSHを使うので問題ありませんが。)

ホスト側からSSHで接続できるようにする

VirtualBox VMに入れたLinuxに、SSHで繋いだよ。 | Ginpen.comを参考に。
ついでに~/.ssh/authorized_keysに公開鍵を追加しておきます。

以下追記:2012/05/16 13:16

バックグラウンドでVirtualBoxを起動する

SSHで接続するので、VirtualBoxがGUIで起動している必要はありません。
資源の無駄遣いなので、headlessで動かすことにします。

$ VBoxHeadless --startvm "Ubuntu";

(”Ubuntu”の部分は仮想マシン名)
で起動できます。

オプションを忘れそうなので、.zshrcに

alias vboxstart="VBoxHeadless --vrde off --startvm "

と記述しておきました。
(”–vrde off”はVirtualBox Remote Desktop Extensionをオフにするオプション)

$ vboxstart "Ubuntu"

で起動できますね。

ちなみに仮想マシンを終了するときはSSHでログインして、シャットダウンします。

$ sudo su -
# shutdown -h 0

こんな感じですね。