Macでのウインドウリサイズが劇的に快適になる”Moom”

Mac用アプリMoomを紹介してみようかと思います。
Moomはウインドウのサイズ変更を便利にしてくれます。

最近のディスプレイは高解像度化が著しいので、画面に複数のウインドウを並べることも多いかと思います。
手動で並べると、面倒ですし、隙間ができてしまったり…。
こんな悩みを解消してくれます。

Witchで有名なMany Tricksが開発元です。
Moom公式サイト:http://manytricks.com/moom/

使い方は簡単で、最適化ボタン(緑の+)の上にマウスポインタを持って行くとMoomのポップアップが出てきます。

このボタンを押すことでそのウインドウのサイズを変更することができます。
でも、これだけだとサイズのバリエーションが少なくて物足りないですよね。
そんな方のために、さらに詳細にサイズ変更することができます

まず、DockにあるMoomを開いて、Moomの設定を表示します。
以下の画像のようにチェックを入れます。

すると、先程同様に最適化ボタンにマウスポインタを乗せると…

このようにグリッドを使ってサイズを選択できます。

その他にも、ウインドウレイアウトのスナップショットを撮ったり、便利な機能があります。
100回までは無料で試用できるので、ぜひ使ってみてください。

このアプリはMac App Storeか、Many Tricksから直接購入することができます。
App Storeで買うと、¥450(2011/07/30現在)
直接購入だと、$5(2011/07/30現在、¥385程度)
ということで直接買ったほうが少しお得です。