OSX Lionにして、変更した設定

はじめまして。お名前.comで.infoが安売りされていたときに取得したドメインが余っていた&さくらのVPSもホコリをかぶっていたので、実名でブログを始めてみました。
備忘録的になりがちだと思いますが、なにかお役にたつ情報を提供できればと思います。

記念すべき初回の投稿は、先日発売されたOSX Lionの設定についてです。

Google Chromeの戻る・進む

Lionになり、3本指ジェスチャで戻る・進むができなくなってしまいました。
(「トラックパッド」の設定で、「ページ間をスワイプ」を3本指にすれば動きます。しかし、デスクトップの切り替えが4本指スワイプになってしまいます。)

そこでBetterTouchToolというアプリケーションを使って、Safariのように、2本指左右スワイプを戻る・進むに割り当てました。以下のスクリーンショットはトラックパッドの場合です。Magic Mouseをお使いの場合は、Magic Mouseを選択して、「Single Finger Swipe Left」などを割り当てればSafariと同じ動きを再現できます。

Mission Control

Lionでの最も大きな変更点はSpaces, Exposéがなくなり、Mission Controlに集約されたことです。初期状態は使いにくかったので、少し手を加えました。

「最新の使用状況に基づいて操作スペースを自動的に並べ替える」を無効に

デフォルトのままだと自動的に順序が変わってしまい、以前のSpacesのようには使えません。

用途別にデスクトップを作成

用途別にデスクトップを作成しておきます。アプリケーションはデスクトップ固定しておきます。(Dockのアイコンを右クリック→「オプション」→「このデスクトップ」)

どのデスクトップで作業しているのかがわかるように、デスクトップごとに背景画像を変えています。
(背景画像を変えたいデスクトップに移動後、システム環境設定→デスクトップとスクリーンセーバで変更します)